カテゴリ: 株主総会

DSC_1802
IMG_20180615_144206
DSC_1803
DSC_1800
↑写真中身①
IMG_20180615_143843
↑写真中身②
IMG_20180615_143823

イチネンの株主総会に行きました
場所は、ホテル日航大阪5階(鶴)
DSC_1794

DSC_1795
DSC_1796
●株主総会
事業報告は省略。
●株主の質問
・1株の当期純利益について
1株の利益については、着実に伸ばしていく計画。
・株式分割はするのか。
しない(予定していない)
・自社の株価についてどう思っているのか。
PERでは10倍割っているので低いのかと思っている。やれることは、知名度を上げて出来高を増やしていく。
・農園事業の報告について
5年経っている。トマトを基本につくっている。(スナップエンドウは試験的に行っている。)
来年から面積が、4倍になるので3倍弱の売上を見込んでいる。そして、規模の拡大をはかっていく。問題は人の確保が難しい。
・リースと燃料事業について
電気自動車のメンテナンスは、できないので徐々に電気自動車が普及していくと考えており、応じて対応していく。ガソリンの使用量も減っていくと考えられるので、それも今後考えていく。
・ネットの販売について
現状前期売上7億9千万円。まだ損益分岐点に達していない。今後黒字化と考えている。
・トマトについて
娘の代わりに株主総会に出席して途中まで寝ていたけど、農業についてなぜトマトなのかどうのこうのと質問し、また総会後の懇親会で社長に失望したのだの現場の人に失礼だの意味分からない発言💦社長はお米券とクオカードの違いが分からないのかと気狂い婆さん‌挙げ句の果てには、株価は下がったのは株主優待がクオカードに変わったからじゃないのかとアホな発言‌株主優待がクオカードに変わったのは去年からやし❗もともとイチネンは、農業事業についてここ数年やりはじめたばかりの事業なのに・・・
というか株主じゃない人がこんな言いたい放題して失礼なのはこのアホな婆さんじゃないのかな?まさに老害の典型‼はぁ💨

●株主懇親会
①中期的な数字
15期連続の増益
2020年度、売上1000億円・営業利益100億円目指す。
・既存事業の規模拡大
・海外展開の強化
・積極的なM&Aを展開
既存事業の利益に貢献するM&Aを引続き行う。
二ュージーランドに月々40台くらいだしている。将来は月々100台くらいだしていく予定。(現在はオークランドにネットに車を載せて店に展示して一店舗だしているが、ニ店舗目を出す。南島にも出店。将来的には、人口の多いオーストラリアにも出店する可能性)
③配当性向
20%~30%の配当性向を維持していきたい。業績が落ちても2年くらいは維持できる。
(農業事業について柚子がどうのとグダグダ提案していた株主は省略❗トマトはスーパーに年中売ってるけど、柚子なんか売れるわけないし、柚子の商品作れとか意味分からないため‌)

一番↑写真❗お土産頂きました‌芦屋の「アンリ・シャルパンティエ」の焼菓子です。ここのお店のお菓子美味しいのでうれしいです‌🎶また、イチネン農園のミニトマト🍅ありがとうございます✨

確かに株価は業績と会社資産の割には低いと思うし、2000円くらいいってもおかしくないと思いますが、トヨタみたいに知名度高くないし、外国人投資家頼みですからね。1800円くらいまで上げていた機関投資家がいたみたいですが、2月の決算と同時に売られましたね‼また、安定的に買ってきてもらわないと上りそうにないですね。外国人頼みですかね⁉

IMG_20180524_144018
↓写真(中身)
IMG_20180524_144203

ライフコーポレーションの株主総会に行きました
DSC_1757
DSC_1758
場所は、大阪本社1階大会議室です。
●株主総会
●対処すべき課題
第六次中期計画(平成30年3月~4ヵ年)
「ライフらしさ宣言」として明文化して、以下のアクションプランについて取組む
①お店が主役
②人への投資
③店への投資
④商品への投資
⑤ライフの強み(特にネットスーパー戦略とカード戦略に特化)
⑥ライフらしさを支える戦略(営業支援、インフラ戦略、経費削減・資金調達)
⑦浸透・発展と継続活動(全従業員一人一人が「ライフらしさ」を理解)
売上高8000億円、経常利益200億円の業容を有する名実ともに日本一のスーパーマーケットの実現。 

●株主の質問
・高殿セントラル店について
既存店との差別化としてセントラルスクエアがあり、高殿店のセントラルスクエアは見立てが、うまくいっていなかった。
・4ヵ年の第六次中期計画のかがけた数値について
第六次中期計画で8000億円、200億円は4年間で50店舗、既存店の改装で実現できる数字。
・人件費の高騰での深夜営業について
店舗のリッチでニーズに合わせて行っている。
・ネットスーパー戦略について
269店舗のリアルな店舗にも力をいれる。そして時代の流れについてインターネットにも力をいれる。ネットスーパーは東京・大阪に需要がある。現状ではネットスーパーの売上は20億円。80店舗実施していき2020年以降に100億円を目指す。
・ライフフィナンシャルサービスについて
JCBのみ
ライフクレジットの社内売上は5%。ライフクレジットカードの20%が他社で使われている。
・チラシの効率化について
社内でも議論があり、見やすさ・コストで効率化して努力したい。
・レジ待ちについて
適正な人員配置、高齢者に配慮しながらセルフレジやセミセルフレジの導入(90店舗)

●株主懇親会
DSC_1759
役員の方との懇親会🍣かなり詳しくたくさん聞けて良かったです
一番↑写真❗ライフの商品券を頂きました2500円分ですかなり良いですありがとうございます😉👍🎶

IMG_20180522_164232
お土産の中身
IMG_20180522_164103

タビオの株主総会に行きました
場所は、なんばパークス内パークタワー17階当社本店大会議室
DSC_1754

●株主総会
●対処すべき課題
・次期戦略
①オムニチャネル戦略の加速(リアルな店舗とインターネットで別注して店舗で決済できる現在1万2千件)
②お客様ニーズに対応できる店舗運営の確保
③次世代型ショップの新規開発
④新たな成長に向けた取り組み
(坪数に関わらず場所が良ければ出店する)
・EC戦略
①全世界で利用できるプラットフォームの構築
②アメリカにおけるEC事業の本格始動
③欧州における既存の販売サイトの運営強化
(アメリカではインターネットでの販売が主流。なぜなら、アメリカではゴーストモール等でリアルな店舗はリスク‼)
・リアルな店舗とインターネットの両方に力をいれる。

●株主の質問
・靴下屋とタビオの違い
基礎の教育は同じ。靴下屋はルクアやキューズモール等でカジュアル、タビオは元々卸しからなっているので販売が違う。
・消費税について
増税されると大きく影響を受けると考える。値段で売っているのではないので増税されてもチャンスと考えるような付加価値のついた商品を売りこんでいく。
・ポイント制の有効性について
どのブランドでも使える。
・取締役で2名株を持っていないことについて
1名は筆頭株主の代表であるから。もう1名は本人に勧めていく。
・物流のコストについて
各社に値段をだして選定している。やはり物流コストのアップはあるので、出荷コストを下げてオムニチャネルに力をいれる。
・取締役に女性がいないことについて
産休で休んでいる従業員101名いる。また、働きやすいようにフレックスタイム制も導入している。今後も女性従業員に取締役になっていくように強化していく。
・アマゾンについて
来期に自社のホームページをリニューアルする。アマゾンはひとつのツールとして考えている。
・リアルな店舗とインターネットの販売構成と今後の見通しについて
現在は4.6%がインターネットでの販売。今後インターネットの販売を20%(200億円)に目指していく。アメリカでインターネットでの靴下専門店トップを目指す。

株主総会のお土産頂きました🎁一番↑写真‼靴下とタイツでした❗ありがとうございます👍🎶

IMG_20180426_154932
積水ハウスの株主総会に行きました
場所は、ウェスティンホテル大阪2階「ローズルーム」です。
新聞報道でもあるように去年の五反田の詐欺事件や役員騒動もあり報道陣がたくさんいました

●株主総会
事業経過と成果
・住宅市場は、低金利の住宅ローンや政府の住宅取得支援策等により、一次取得者層を中心に住宅取得に対する関心が高まる一方、建て替え等、二次取得者については商談が長期化する傾向も見られた。
賃貸住宅は、都市部を中心に相続税対策等から底堅い需要が継続した。
海外の住宅市場は、米国の住宅市況が好調に推移した。
・中期経営計画基本方針「BEYOND2020に向けた住関連ビジネスの基盤づくり」の下、住宅・住宅関連ビジネスの強化及び新たな事業領域拡大を推進した。
・売上高2兆1593億6千3百万円(6.5%増)営業利益1955億4千万円(6.2%増)経常利益2036億7千8百万円(6.6%増)当期純利益は1332億2千4百万円(9.3%増)となりました。
事業別業績と計算書類報告は省略!
そして、昨年の「地面師事件」詐欺事件で担当者がパスポート等本人確認に注視しすぎて売買契約のリスク情報が、共用できていなかった。再発防止に取り組んでいくと阿部会長が陳謝。
・ガバナンス改革(代表取締役70歳定年制、女性社外取締役、取締役会の透明化活性化、経営会議の設置、取締役担当部門の明確等)

●株主の質問
・株主のことを考えて、コーポーレートガバナンスをして、株主還元して大躍進してほしい。
いっそう再発防止につとめる。
・大和ハウスの株をもっているが、大和ハウスに比べて積水ハウスの優待は悪い。だから、詐欺事件がおきた‼アホな社員どうのこうの~~⁉
基本的に公平性から配当に注視している。株主優待はサービス。
・地面師詐欺事件、役員に対して不満、和田前会長解任に対しての不満質疑。
・第5議案役員賞与支給の件についてカットすべきではないのか?
過去最高益5期連続であり、取締役会で決議した。
・特損で56億円で、新聞て63億円との差について
りゅうき費用が56億円となった。
・前会長と現会長は他に役職しているか?
していない。
・ホテル事業について
マリオットグループに委託している。
・詐欺事件について詳しく
本人確認に重視しすぎた。巧みな犯行であった。リスク管理に不十分な点があった。再発防止に徹底する。
・海外事業について、特に中国事業について詳しく
アメリカ、オーストラリア、中国、シンガポール事業を新体制で引き継いで行っている。
中国事業について、売上は予想より下回ったが、営業利益は予想より上回った。
・コンプライアンスを重視しすぎると、今後スピードをもって土地を取得できないのでないか?
スピードをもって経営改革をして新たな土地を取得していく。
・社外取締役の報酬が高いことについて
知識と経験から適正であると考える。
・55億円の損失についての役員の責任について
2ヶ月の減俸とした。
・詐欺事件の損失で回収状況について
回収については困難。
・監査役の監査内容について
個々になると長くなるが、取締役に出席し意見や、事業書まで行っている。
・ガハナンスについて
今回のことを転機としてつとめていきたい。
・五反田の詐欺事件以外に問題はないのか?
認識している範囲で無いと考えている。
・所有している物件に問題があった場合の対応について
仮定の話しはできないが、瑕疵担保責任がある。
・各取締役の意見表明を聞きたい。
審議があるので、個々の表明は控える。
・お米以外の株主優待導入についてのお願い。
貴重な意見とする。
・和田監査役の辞任について
一身上の都合である。会社から辞任を強制したわけではない。

以上で議案を審議して終了しました。
株主総会については、なんか2人の老害株主がうるさく発言していて特に大和ハウスの株主優待と比べてる株主がうざかったです💦
確かに去年の詐欺事件で56億円の損失は大きいし、経営陣の対立や役員報酬についても納得いかないところがありますが、今後の経営計画について全く質疑が無かったのは残念に感じました。今回の事件で株価が大きく下がるくらいの損失ならまだしも株価は別に下がっていないし、業績も5期連続高値ですからね。なんか年寄株主のガス抜き総会の感じでした

一番↑写真❗スカイビルの空中庭園展望台2枚🎫でした。今年から洋菓子詰合せのお土産は無くなりました

IMG_20180426_155328
IMG_20180426_155523
↓写真中身
IMG_20180426_155541
IMG_20180426_155559
イムラ封筒の株主総会に行きました
場所は、シティプラザ大阪2階「旬北」です。
1524726318304
1524726327818
1524726336852

株主総会に出席したかったのですが、他の株主総会に出席するため出席できませんでした
一番↑写真「FLOUR」のお菓子でした去年と同じでした✨このパイ美味しいです
ありがとうございます😉🎶

↑このページのトップヘ