IMG_20180522_164232
お土産の中身
IMG_20180522_164103

タビオの株主総会に行きました
場所は、なんばパークス内パークタワー17階当社本店大会議室
DSC_1754

●株主総会
●対処すべき課題
・次期戦略
①オムニチャネル戦略の加速(リアルな店舗とインターネットで別注して店舗で決済できる現在1万2千件)
②お客様ニーズに対応できる店舗運営の確保
③次世代型ショップの新規開発
④新たな成長に向けた取り組み
(坪数に関わらず場所が良ければ出店する)
・EC戦略
①全世界で利用できるプラットフォームの構築
②アメリカにおけるEC事業の本格始動
③欧州における既存の販売サイトの運営強化
(アメリカではインターネットでの販売が主流。なぜなら、アメリカではゴーストモール等でリアルな店舗はリスク‼)
・リアルな店舗とインターネットの両方に力をいれる。

●株主の質問
・靴下屋とタビオの違い
基礎の教育は同じ。靴下屋はルクアやキューズモール等でカジュアル、タビオは元々卸しからなっているので販売が違う。
・消費税について
増税されると大きく影響を受けると考える。値段で売っているのではないので増税されてもチャンスと考えるような付加価値のついた商品を売りこんでいく。
・ポイント制の有効性について
どのブランドでも使える。
・取締役で2名株を持っていないことについて
1名は筆頭株主の代表であるから。もう1名は本人に勧めていく。
・物流のコストについて
各社に値段をだして選定している。やはり物流コストのアップはあるので、出荷コストを下げてオムニチャネルに力をいれる。
・取締役に女性がいないことについて
産休で休んでいる従業員101名いる。また、働きやすいようにフレックスタイム制も導入している。今後も女性従業員に取締役になっていくように強化していく。
・アマゾンについて
来期に自社のホームページをリニューアルする。アマゾンはひとつのツールとして考えている。
・リアルな店舗とインターネットの販売構成と今後の見通しについて
現在は4.6%がインターネットでの販売。今後インターネットの販売を20%(200億円)に目指していく。アメリカでインターネットでの靴下専門店トップを目指す。

株主総会のお土産頂きました🎁一番↑写真‼靴下とタイツでした❗ありがとうございます👍🎶

マックスバリュ中部の株主優待が届きました
DSC_1753
IMG_20180521_161651
年1回配当の配当利回り0.97%・年1回優待です。

●株主優待
買物優待券(100円)
50枚:100株以上
100枚:1000株以上
200枚:2000株以上
250枚:5000株以上

※1000円以上の買物につき1000円ごとに1*枚利用可
※買物優待券に代えて100株以上1000株未満の株主は自社指定商品(松坂牛しぐれ煮)選択可

↑このページのトップヘ